料金が安価な合宿免許の上手な活用法

これから免許取得を目指される方々に向け、ぜひ知っておいていただきたい予備知識を以下にお伝えします

カテゴリー: 未分類

参加に際しての心構え

全国各地から免許取得という共通の目的で、同世代の新たな仲間達が集う合宿免許への参加者は、自ずと性格的も外交的なタイプが多く、開校から程無く合宿所は盛り上がりを見せて当然です。オフタイムを新たに出会った仲間達と一緒に過ごす中、合宿免許の「免許」の部分が欠落してしまう傾向が生じてしまう環境であるのもまた、否定出来ない一面です。

ここで注意すべきポイントとして「参加すれば時間が経過すれば卒業させてもらえる」なる誤解釈で臨んではならず、合宿免許参加中は全てが自己管理に基づく自己責任である点を、声を大にして挙げておきたいと思います。寝坊から講義に遅刻した、共同生活に於ける共通のルールや規約を破ったなど、全て自身に何らかのペナルティが跳ね返って来るのは、運転免許証なる公的な資格を取得する過程に於いては至極当然です。

更に合宿参加中の日常生活に必要な日用品や現金なども、全て自己負担です。開催地によっては不足したアイテムの現地調達に窮するケースも見られ、下着や洗顔洗髪用具など、普段自身にとって欠かせぬアイテムは余裕を持って準備携帯しておきましょう。合宿地によっては事前に宅配便で送付しておけば預かってくれますので、こうした面に関しても事前確認からベストな方法で対応する事をお薦めします。

負担費用面のメリット

合宿免許が自宅からの教習所通いと比較して、最終的に大幅に費用負担が軽減される理由に対し、素朴な疑問を抱かれる方もおられる事でしょう。現地に宿泊すれば日々の宿泊費用の負担が避けられず、日常のビジネスホテルなど、相応の環境を提供してくれる施設への宿泊料金を思えば、それだけでも相当な金額と試算されて当然です。それにも関わらず、合宿免許の主催者に参加費用として支払う金額は、一般的な教習所への同様の金額と比較して大幅に安価に設定されており、この部分に魅力を感じての参加者が絶える事はありません。

更に合宿免許では、参加する時期によって設定金額に変動が見られ、これはパッケージツアーや引越し料金にも共通する特徴です。いわゆる繁忙期すなわち大勢の希望者が殺到する時期は高目設定、対して希望者が少ない閑散期はよりお手頃と、各主催者毎の判断で変動価格となっている場合が見られ、チェックをお薦めします。時間の確保が可能であれば、当然閑散期を狙って参加する事で、より金銭面の負担を抑えられます。

また合宿免許自体にも価格差が存在します。より安価である点を最優先課題で参加先を選択する場合、安価故に宿泊施設面の充実度が期待出来ないなど、なんらかのデメリットを受け入れる必要が見られるケースも想定されます。負担費用面軽減のメリットを活用するに際しては、十分な下調べ作業が欠かせません。

合宿免許の特徴

合宿免許の代表的な特徴としてはやはり、一般的な教習所通いと比較して、遥かに短期間で免許取得が叶い、総費用面も割安に抑えられる点に凝縮されるでしょう。合宿参加期間中は講義と路上教習に集中から、オフタイムは滞在先で旅行気分を味わえる、気の合う友人と一緒に同室での宿泊が可能なコースも多々見られるなど、若い世代にとっては嬉しいメリットに溢れています。必然的に学校の授業が休暇中の夏休みや冬休みの開催期間は人気が高く、比較的早い時期からの申し込みが必要となる人気のコースが少なくありません。

合宿免許に関する情報や資料は、インターネットを用いた検索作業、あるいは大学や専門学校、更には商業施設やターミナルなどに設置されている、テイクアウト自由の無料パンフレットなどを通じての収集が可能です。友人や先輩など、合宿免許参加経験者に尋ねてみれば、生の声を確かめられるので、こうしたヒアリングも候補先を絞り込む際に有効です。いずれにせよ約半月少々の期間、地元を離れての現地滞在となりますので、学業やアルバイトやサークルなど、自身のスケジュールを事前にキチンと調整の上、免許取得に専念出来る環境を整えた上での参加が求められます。先にアルバイトで資金を貯めた上で参加する場合など、数ヵ月単位での中長期的な予定を組んだ上で参加すれば、保護者など第三者に金銭的な援助を仰ぐ事無く、最短期間での免許取得が叶う点も魅力です。

合宿免許という選択肢

若者の自動車離れが囁かれる一方、運転免許証を取得しておくメリットはやはり見過ごせません。単に公道に於ける運転資格の確保のみならず、さまざまな場面で公的な身分証明証としての役割を果たす資格としても、18歳になれば出来るだけ早いタイミングでの取得しておくのがベストです。一般的には全国各地に点在する教習所へ通い取得を目指しますが、学業あるいはアルバイトや仕事の合間を縫って、希望時間通りに路上教習時間を予約から確保出来るとは限らず、結果的に入校から卒業検定合格までに中長期的な時間を要してしまうケースが少なくありません。更に相応の費用負担が避けられず自力での費用捻出に窮してしまうなど、免許取得に至るハードルは決して低いとは言えないのが現状です。

一方で夏休みなど、一定期間まとまった自由時間の確保が叶う若い世代を中心に人気を博しているのが合宿免許です。最短であれば半月程度での免許取得が叶い、全国各地の希望地での滞在が可能です。例えば、オフタイムに観光が出来る合宿免許プランや温泉に近い合宿免許施設など、旅行気分を味わえて、更に同じ目的を持つ仲間達との共同生活を楽しめるなど、独自のメリットも魅力です。(参考:観光のできる合宿免許|合宿免許ハンター

そして何より、通常の自動車教習所へ通う場合と比較して、教習料金すなわち費用負担を大幅に抑えられる事から、学生を中心に圧倒的な人気を博しています。ここで見過ごしてはならないのが、全国各地で実施されている合宿免許もまた、各々教習料金に違いが存在する事実です。より安価な合宿免許の探し方と、安価である理由を正しく理解の上で、自身が参加するに値するか否かを冷静に判断する重要性など、これから免許取得を目指される方々に向け、ぜひ知っておいていただきたい予備知識を以下にお伝えします。