料金が安価な合宿免許の上手な活用法

これから免許取得を目指される方々に向け、ぜひ知っておいていただきたい予備知識を以下にお伝えします

日別: 2017年6月28日

負担費用面のメリット

合宿免許が自宅からの教習所通いと比較して、最終的に大幅に費用負担が軽減される理由に対し、素朴な疑問を抱かれる方もおられる事でしょう。現地に宿泊すれば日々の宿泊費用の負担が避けられず、日常のビジネスホテルなど、相応の環境を提供してくれる施設への宿泊料金を思えば、それだけでも相当な金額と試算されて当然です。それにも関わらず、合宿免許の主催者に参加費用として支払う金額は、一般的な教習所への同様の金額と比較して大幅に安価に設定されており、この部分に魅力を感じての参加者が絶える事はありません。

更に合宿免許では、参加する時期によって設定金額に変動が見られ、これはパッケージツアーや引越し料金にも共通する特徴です。いわゆる繁忙期すなわち大勢の希望者が殺到する時期は高目設定、対して希望者が少ない閑散期はよりお手頃と、各主催者毎の判断で変動価格となっている場合が見られ、チェックをお薦めします。時間の確保が可能であれば、当然閑散期を狙って参加する事で、より金銭面の負担を抑えられます。

また合宿免許自体にも価格差が存在します。より安価である点を最優先課題で参加先を選択する場合、安価故に宿泊施設面の充実度が期待出来ないなど、なんらかのデメリットを受け入れる必要が見られるケースも想定されます。負担費用面軽減のメリットを活用するに際しては、十分な下調べ作業が欠かせません。